クレジットカード現金化の画像

キャッシングとクレジットカード現金化の違い

現金を手にする方法として幅広く浸透しているキャッシングとクレジットカード現金化の違いや、それぞれのメリット・デメリットについてまとめてみました。

  1. クレジットカード現金化
  2. 知る
  3. 初心者

キャッシングと現金化の違い

クレジットカード現金化という方法を知ると疑問に思うのが、キャッシングとの違いではないでしょうか?
キャッシングこそ、現金がその場ですぐ手に入る最もポピュラーな方法ですよね?
ではなぜキャッシングではなく、クレジットカード現金化というサービスがあり、需要もあるのか、それぞれの違いをざっくりと考えてみましょう。

1

「キャッシング」と「クレジットカード現金化」の違い

  • キャッシングとは・・借金

クレジットカードのキャッシング枠を利用して現金を手に入れること

キャッシング枠を利用して、設定されているキャッシングの限度額内である限り現金を得ることができます。

  • クレジットカード現金化とは・・商品の購入

クレジットカードのショッピング枠を利用して現金を手に入れること

あくまでショッピングであって、キャッシングとは別のカテゴリと考えることができます。
キャッシングの額が限度がいっぱいであっても、ショッピング枠を利用して現金を手に入れることができるので、キャッシング限度額以上の現金をプラスで手に入れることができます。

クレジットカードを利用する目的のカテゴリが全く別のものとなるところが大きな違いで、クレジットカード会社の利用者情報としても、利用明細書に記載される表記も異なったものとなります。
<できるだけ借金はしたくない><負債があることはバレたくない>
という気持ちは誰しもあると思いますので、その部分で利用者のニーズに応えてくれるものであることは間違いありません。
また、キャッシング会社から「目をつけられない」のも、思い当たる人には嬉しいのではないでしょうか?

利用者の声

「事実、現金化の存在は助かっています」
関連会社からの振り込みも滞り、業績の悪かった時期に、利用させてもらいました。
借り入れについては金融機関からのチェックが入った場合などに、かなり心象が悪いので、表面上は備品の購入などで済ますことができるのは、実際とても助かります。

会社経営者 H.Kさん

2

違いから見る「キャッシング」の特長

キャッシングは、お手持ちのクレジットカードにその機能があって利用する場合と、いわゆる「消費者金融」に申し込み、審査を経て利用する場合の大きく2つがあると思います。
現在お持ちのクレジットカードを利用する場合や、すでに消費者金融に利用登録(※以下に別途説明)があってすぐに借り入れができる場合に限っては、コンビニや駅に常設のATMなどでいつでもキャッシングが可能です。
困ったときにカード一枚ですぐに現金を引き出せることが、キャッシングの最大の特長で、多く利用されているポイントです。

○スピードは何にも勝る
○銀行から引き出す感覚で手軽に利用できる
○誰にも関わらずに利用できる
○(初めて利用する場合は)審査がある
○(初めて利用する場合は)時間がかかる

消費者金融の利用登録とは

いわゆるキャッシング・借り入れの利用経験があり、その消費者金融の会員になっているということです。
手続きや審査無しでキャッシングが可能です。

消費者金融に利用登録していない場合

消費者金融を利用するために審査と手続きが必要になります。
身分証明書のほか、勤務先の住所や連絡先、勤務先への確認などが必要になる場合があり、金融業者によりますが借り入れまで最短でも30分~1週間ほどかかり、現在の収入が少ない場合や他業者でのキャッシングがあまりに多い場合などは、利用することはできません。

キャッシングは審査を経て利用できるかどうかが決まりますので、それだけ利用にあたっては責任を負わなければいけません。
負う責任が大きいほど、課せられる利息も高くなりますので、「キャッシング」は利息が高いのが難点です。

3

違いから見る「クレジットカード現金化」の特長

「クレジットカード現金化」はキャッシングに対して審査が無いのが大きな特長です。
キャッシングの申し込み時の審査にあたるものが、クレジットカード発行の際に既に行われているため審査がありません。
審査が無い分その後の流れがスムーズで、最短5分〜10分で現金を手にすることができます。

○スピードはキャッシングとほぼ変わらない
○お金を引き出す前に「商品購入」の手間がある
○キャッシングより(精神的にも金銭的にも)負担が少ない
○審査がない

キャッシングと同等のスピードを維持しながら、利息の低さや社会的なイメージの良さが魅力となり、じわじわと利用者が増えています。

4

「キャッシング」と「クレジットカード現金化」それぞれのメリット&デメリット

キャッシングにはキャッシング、クレジットカード現金化にはクレジットカード現金化の良さと特長があり、それぞれの難点も理解したうえで利用することが重要になります。
それぞれの《メリット》と《デメリット》をまとめてみました。

キャッシングのメリット

・電話不要
・コンビニ等のATMで簡単に借り入れられる
・現金が即金で手に入る

コンビニATMなどで、いつでもどこでもカード一枚で簡単に現金を手にすることができるのは大きなメリットです。

キャッシングのデメリット

・信用情報機関に傷が付く(キャッシングをしたという履歴)
・キャッシング利用限度枠の存在
・利息が高い
・審査があり、身分証・勤務先・住所などの個人情報の提示が必要

信用情報機関と呼ばれる消費者の利用履歴に傷がついてしまうことや、利用したカードの利用明細書にはっきりと「キャッシング」と表示されてしまい、家族の目に留まったときに家庭内トラブルになる恐れがあることや、利息の高さが何といってもデメリットとして挙げられます。
また、キャッシングを繰り返している人にとっては利用限度額の存在も大きな制限となり、キャッシングを繰り返していること自体がカード会社から目を付けられる対象となるので、今後のキャッシングの利用制限などが発生します。

クレジットカード現金化のメリット

・キャッシング限度額がいっぱいでも、現金を得ることが可能
・利用明細にはショッピングという形で記載される
・各カード会社のポイントの付加価値
・商品のリボ払いなので利息が低い
・審査なし

クレジットカード現金化のデメリット

・キャッシングほどの手軽さは無い
・現金化業者の選択には注意が必要

いわゆる「ショッピング」として扱われるので、「利息が低い」「審査が無い」というのが大きなメリットです。
「キャッシングとは違う」という事実が、倫理的にも社会的にも利用者の負担を軽くしてくれるのは間違いありません。

★まとめ★

キャッシングとクレジットカード現金化の<特長><利息><イメージ>
これらの違いをよく理解して利用することで、正しいお金のやり繰りを身に付けていきましょう。

共有する!

この記事を読んでる人はこちらの記事も読んでます

現金化業者簡単検索

あなたにピッタリのクレジット現金化業者を簡単検索!
検索条件








クレジットカード現金化に対する注意喚起

クレジットカード現金化は下記各機関から利用に関する注意喚起を促されています。
利用する際は注意事項を確認するようにしましょう。

消費者庁
日本クレジット協会
国民生活センター
PAGE TOP