クレジットカード現金化の画像

【クレカ現金化】カード会社にバレないようにするコツは?

クレジットカード会社にショッピング枠の現金化がバレてしまうと、カードが利用停止になり、下手したら強制解約という処分を受けてしまいます。そのため、カード会社に現金化がバレないようにしなくてはなりません。そこで、カード会社に現金化がバレないようにするための3つのコツを伝授したいと思います。

  1. クレジットカード現金化
  2. 初心者
  3. 知る
  4. キャッシング枠
  5. キャッシュバック方式
1

カード会社にバレてしまうと・・・

クレジットカードの利用規約には、「ショッピング枠の現金化目的での利用を禁止する」という一文があります。

そのため、現金化は大変便利なサービスですが、利用規約違反となってしまうため、もしカード会社にバレてしまったら、次のような措置を取られてしまいます。


利用停止もしくは強制解約

クレジットカードが一時的に使えなくなってしまいます。
もしくは、カード会社に悪質と判断されてしまうと、強制解約させられてしまい、そのカードを二度と使用できなくなってしまうのです。


支払い残高を一括請求される

強制解約となった場合には、それまでに使用したカードの支払い残高を一括で請求されることになります。
分割で返済していたショッピング枠もキャッシング枠も、全額を支払わなければなりません。


クレジットカードが作れなくなる

利用停止や強制解約といった情報は、カード会社の内部データに残ってしまうので、今後カードを作ろうとしても、審査の時点で落ちてしまう可能性が高くなってしまいます。

このように、利用規約違反と認定されてしまうと、厳しい処置が待っています。
こんな事態を避けるためには、カード会社に現金化がバレないようにしなくてはなりません。

2

現金化がバレない3つのコツ

それでは、カード会社に現金化がバレないようにするためには、どうしたらいいのでしょうか。
3つのコツを伝授したいと思います。


キャッシュバック方式の現金化業者を利用する

カード会社に現金化がバレるケースとして、もっとも多いのが、換金性の高い商品を頻繁に購入すること。

とくに、個人で大量の金券類を購入すると、カード会社から現金化を疑われてしまいます。
本来、クレジットカードでの金券類の購入は禁止されているので、カード会社から電話がかかってくることもあるでしょう。

そのため、個人で現金化を行う場合や、換金性の高い商品の購入を買い取る「買取方式」の現金化業者を利用する場合には、注意が必要です。

その点において、キャッシュバック方式の現金化業者を利用することは、カード現金化がバレにくい方法です。
現金化業者が、お金を借りたい人にある商品を販売して、その商品の購入代金の一部をキャッシュバックとして、お金を渡すのがキャッシュバック方式。

換金性の高い商品を転売して現金化しているわけではないので、カードの利用規約違反には当たらないとされています。


キャッシング枠を使い過ぎない

カードの「キャッシング枠」を上限まで使い切っていて、その後に「ショッピング枠」の使用額が急増すると、カード会社から「キャッシングだけではお金が足りなくなったから、ショッピング枠で現金化をしているのでは?」と、疑われてしまいます。

とくに、キャッシング枠を限度額いっぱいに使った上で、換金性の高い新幹線の回数券などを購入したら、ほぼ100%「お金に困って現金化のために購入した」と思われてしまうでしょう。

日頃から、キャッシング枠を使い過ぎないように気を付けてください。

キャッシング枠もショッピング枠も、限度額の範囲内で適度に利用していれば、換金性の高い品物を一度カードで購入しても、あまり疑われないことが多いようです。


連続してカード現金化を利用しない

換金性の高い商品を毎月のように購入したり、1カ月に何回も購入したりすると、やはりカードの現金化が疑われます。

現金化は、「連続して行わないこと」「換金性の高い商品を大量に・頻繁に買わないこと」が大切です。

もし、クレジットカードを複数枚持っているなら、1回1回、利用するカードを変えて、現金化してみるのもいいでしょう。

そうすれば、カードの現金化も疑われにくくなります。

あとがき

カード会社に現金化がバレない方法を3つ紹介しました。
もう一度おさらいしてみましょう。

この3つをきちんと守れば、カード会社にバレる可能性は非常に低いと思います。

3つの中でも、とくに「キャッシュバック方式の現金化業者を利用する」が最大のポイントです。

換金性の高い商品を何度も購入することが、いちばん現金化を疑われますからね。

キャッシュバック方式の現金化業者を利用して、カード会社にバレるリスクを最小限に抑えてください。

共有する!

この記事を読んでる人はこちらの記事も読んでます

現金化業者簡単検索

あなたにピッタリのクレジット現金化業者を簡単検索!
検索条件








クレジットカード現金化に対する注意喚起

クレジットカード現金化は下記各機関から利用に関する注意喚起を促されています。
利用する際は注意事項を確認するようにしましょう。

消費者庁
日本クレジット協会
国民生活センター
PAGE TOP