クレジットカード現金化の画像

クレジットカード現金化で、換金率をアップするには?

クレジットカード現金化をするにあたって、皆さんが「少しでも換金率が高い業者で現金化したい!」と考えるのは、至極当然なことです。より多くの現金を手に入れたいですからね。そこで今回は、クレジットカード現金化で、換金率をアップさせる方法を紹介したいと思います。少しの手間をかけることで、換金率を上げてもらうことができますよ。

  1. クレジットカード現金化
  2. 知る
  3. 初心者
  4. 換金率アップ
  5. キャンペーン
1

「他社よりも換金率をアップする」と謳っている業者にする

現金化業者の中には、「他社よりも1%でも換金率を高くします!」などと謳っている業者があります。

家電量販店でも「他社より値段が高ければ安くします」と宣伝して、実際に安くしているところもありますよね。

「他社よりも!」と謳っているということは、それなりの対応をしてもらえる可能性があるので、交渉してみる価値はありそうです。

そこで、いくつかの現金化業者に連絡して、「相見積もり」を取ってみましょう。

A社・・・90%
B社・・・89%
C社・・・91%
D社・・・90%

こんなふうに、3~4社の換金率を調べてみると、だいたいの相場が分かります。

例では、C社が91%でもっとも換金率が高いですね。
このデータを持って、先ほどの「他社より高くします!」という現金化業者に電話してみてください。

「他の業者では、91%で対応してくれるんです。御社では、他社より高くしてくれると宣伝されていますが、どうでしょうか?」

その業者の宣伝コピーに嘘・偽りがなければ、「分かりました。それでは、特別に92%にさせていただきます!」という回答を得られるはずです。

数社の現金化業者から相見積もりを取って、賢く現金化しましょう。

2

換金率アップキャンペーンを活用する

現金化業者では、期間限定で「換金率アップキャンペーン」を実施していることがよくあります。
お得なキャンペーン期間を設けて、新規顧客を獲得しようというのが、業者のねらいです。

キャンペーンというだけあって、その期間はお得な換金率に設定されていますので、これを利用しない手はありません。
遠慮なく、換金率アップキャンペーンを活用しましょう。

1つだけ注意点があります。
キャンペーン期間中に現金化の申し込みをして、本人確認の電話が業者からかかってきたら、
「キャンペーンの換金率アップをお願いします」
と必ず伝えてください。

キャンペーンであることを伝えないと、換金率のアップが反映されない業者も残念ながら存在するのです。

また、中には「換金率アップ!」と大々的に謳っていながら、実はもともとの換金率が低かっただけ・・・という業者もあります。
「◯%アップ!」というキャッチコピーに惑わされず、換金率がアップした後に何%になるのかを、しっかり確認するようにしてください。

3

リピート利用で実績・信頼を積み上げていく

現金化業者に限らず、商売の基本は「新規獲得+リピート購入」です。
新しいお客さんをゲットして、定期的に商品を購入してもらうことで、企業の売り上げは安定します。

そのため、顧客にリピート購入してもらえるように、企業ではさまざまな特典をつけるのです。

現金化業者でも、2回目・3回目~の利用で、換金率がアップするというケースも多いようです。
また、同じ現金化業者を何度も利用することで、お得意様になることができ、少しずつ待遇が良くなっていくのです。

ですから、初めての現金化業者を利用する場合は、少額から始めることをおススメします。
少額ですと換金率も若干低めではありますが、それで現金化業者が優良かどうかを見極めることができます。

それで、信頼できる業者であれば、2回目・3回目~と利用していくことで、換金率も上がり、お互いに良い関係を築いていけるのではないでしょうか。

あとがき

クレジットカードで、換金率をアップさせる方法を紹介しました。

まだ一度も現金化業者を利用したことがないという方は、いくつかの業者で相見積もりを取った上で、他社よりも高くしますという業者に交渉してみましょう。

そうすれば、1回目から思わぬ高換金率となるかもしれませんね。

その上で、利用実績を積み上げていけば、他社ではあり得ないほどの高換金率となれる可能性もあると思います。

そんな優良な業者と出会えるといいですね。
そのためにも、業者選びにじっくりと時間をかけてください。

共有する!

この記事を読んでる人はこちらの記事も読んでます

現金化業者簡単検索

あなたにピッタリのクレジット現金化業者を簡単検索!
検索条件








クレジットカード現金化に対する注意喚起

クレジットカード現金化は下記各機関から利用に関する注意喚起を促されています。
利用する際は注意事項を確認するようにしましょう。

消費者庁
日本クレジット協会
国民生活センター
PAGE TOP