クレジットカード現金化の画像

クレジットカード現金化の危険性

現金化は良いことばかりではありません。 利用するにあたって起こり得る危険とリスクをまとめました。

  1. クレジットカード現金化
  2. 知る
  3. 初心者
  4. 危険性
  5. 違法

クレジットカード現金化の危険性

数年前より浸透してきたクレジットカード現金化ですが、未だ多くの危険が孕んでいます。
どういった危険があり、利用にあたってリスクがあるのかをしっかりと理解して責任を持って利用することが大切になります。

1

現金化って違法なの?

これはどこを判断基準にするかによって解釈が変わってくる難しいラインです。
<捉え方><利用の仕方><カード会社の規約>においても変わってきますが、はっきり言えることは、あなたが現金化を利用することは違法ではありません。
消費者としてクレジットカードで商品を購入していることは正当なことなのです。
ですが、クレジットカード会社と消費者の関係においては《グレー》であるのは否定できません。

消費者としてタブー

消費者としてタブーというのは、クレジットカードは「現金を得るために利用することは禁じられている」ので、
現金化で現金を得ることはクレジットカードの利用規約を犯していることになります。
クレジットカードのショッピング枠は「買い物」のためのものであり、「現金を得るために」利用することは違反とみなされるのです。

2

クレジットカード利用停止の可能性

利用規約に違反していることは、
<クレジットカードの利用停止>
<クレジットカード業界でのブラックリスト入り>
<クレジットカードを新たに作れない>
などのリスクが生じます。
また、クレジットカードの利用停止の恐れだけでなく、罰金を求められる事態にもなるということを忘れてはいけません。

対策はあるの?

実は、優良現金化業者を利用することが、対策のひとつになります。
現金化業者で商品を購入することがポイントで、クレジットカード会社からは、あなたが「ただ商品を購入した」ことしかわかりませんので、違反にはなりません。
あなたの行為は厳密には違反でないとは言えませんが、あなたの口座に現金が振り込まれることはクレジットカード会社にはもちろん、誰にもわからないのです。

金融業者ではない、きちんとした優良業者を利用すれば、まず<クレジットカードの利用停止>などの心配は要りません。

3

悪徳業者の存在

現金化を利用するにあたって肝となる現金化業者の存在ですが、悪質な業者を利用するほど危険で不利益なことはありません。
世の中には現金化の仕組みを利用して自分たちは美味しいところだけ持っていこうとする「悪徳業者」が存在しますので、利用する業者選びは慎重に行わなければなりません。

悪徳業者とは?

悪徳業者あるある

●脅す・急かすなどの行為をする
●買い取り額や振り込み日が不明瞭
●聞いていた買い取り額と振り込み額が違う
●手数料を請求してくる
●対応が悪く話がコロコロ変わる

一見好条件かつ良い業者のように思われても、実際に利用してみると
<支払われた額が聞いていたより少ない>
<別途お金を請求された>
などのトラブルは後を絶ちません。
自分の力では最も回避することが難しく、誤った選択をすると更なる金銭的危機・トラブルにつながるリスクと危険があります。
電話で問い合わせたくらいでは、不安を感じさせる怪しい業者に睨まれるようなことはありません。(心配な方は非通知で問い合わせをしましょう。)
誘導されてクレジットカードを預ける、口座の暗証番号を教えるなどということは一切やっていはいけません。
正しい判断で、きちんと業者を見極めるようにしましょう。

⇒悪徳業者と優良業者についてはこちらもご覧ください

4

金融業者はNG

現金化業者と金融業者の違いはわかりますか?
現金化業者=金融業者と思ってはいないでしょうか?
似ているようでこの2者には大きな違いがあり、ここを誤ってはいけません。

金融業者とは?

ココがポイント

(一般的に)
銀行・信託銀行・信用金庫・証券会社・保険会社となり、
(広い意味で)
資金の融通を行える組織、「貸金業を行える会社」ということになります。

現金化業者とは?

ココがポイント

現金化業者は商品を紹介して利用者に購入してもらい、その商品を買い取って現金を用意してくれる会社です。
「ネットショッピングの斡旋」と「商品の買い取り」をしている会社で、裏返せば「それしかできない」という制約があります。

「金融業」自体は悪いことではありません。
怖いのは、《現金化業者を謳っていながら、実体は金融業者》だということです。
現金化のように思わせておいて、言葉巧みに現金融資の方向に持って行き、利用者に借金・キャッシングを負わせるのです。
このようなやり方をする金融業者の利息は異常に高く、どれだけリスクがあり、訴えたところで「うちは金融業であなたが申し込んだだけ」と言われればもうどうにもならないことがわかるでしょうか?

きちんとした業者は、サイトにて「弊社は金融業ではありません」と明示(宣言)しており、こういったトラブルとは無縁だということを表明していますので、そのように明言している業者を利用するようにしましょう。

★まとめ★

現金化は危険とリスクも背中合わせです。
正しい情報のうえで利用することが、トラブルや危険を回避する最大のポイントとなります。

共有する!

この記事を読んでる人はこちらの記事も読んでます

現金化業者簡単検索

あなたにピッタリのクレジット現金化業者を簡単検索!
検索条件








クレジットカード現金化に対する注意喚起

クレジットカード現金化は下記各機関から利用に関する注意喚起を促されています。
利用する際は注意事項を確認するようにしましょう。

消費者庁
日本クレジット協会
国民生活センター
PAGE TOP