クレジットカード現金化の画像

現金化を利用するときの注意

現金化を利用するにあたって知っておいたほうがいいこと、見落としてはいけない注意をまとめてみました。

  1. クレジットカード現金化
  2. 知る
  3. 初心者
  4. 業者選び
  5. 現金化

現金化を利用するときの注意

実際に現金化を利用する際に注意するべきところを考えてみましょう。
特に初めて利用を考えている方には、確かな情報を集めて、消費者としてメリットのある使い方をしてほしいと思いますので参考にしてください。

ココがポイント
  • 仕組みを理解して確かな情報(知識)を持つ
  • 良質な業者を利用する
  • 危険とリスクを理解したうえで自己責任で利用する

この3点に注意をして、間違ったクレジットカード現金化を行わないよう、利用することが大切になりますので、仕組み・危険性・情報(知識)をよく理解するために必要なことを紹介していきます。
特に業者の選択にあたっては注意が必要で、世の中には現金化の仕組みを利用して逆に現金を搾り取ろうとする「悪徳業者」が存在しますので、利用する業者選びは慎重に行いましょう。

1

現金化にまつわる単語を知っておこう

《ショッピング枠》

クレジットカードでショッピングする際に使用している「買い物(ショッピング)ができる限度額」のことです。
対して「キャッシング枠」があり、簡単にお金をキャッシングできる「キャッシング」とは別のカテゴリとなります。
ショッピング枠を利用していない現金化は、<正しい現金化>といえません。
キャシングより利息が低く、負担が少なく利用できるのがショッピング枠です。

《現金化業者》

現金化を効率良く行うために、サポートしてくれる会社のことをいいます。
それぞれの会社に個性や使いやすさがありますので、自分の目的に合った業者を見つけるようにしましょう。
クレジットカードの利用と支払いの間に業者が入ってくれることで、クレジットカードの「正当な利用」として成り立つメリットがあります。

《優良現金化業者》

一般的には《現金化業者》と同義です。
振り込みスピードや換金率(還元率)が安定していて、利用者が利用し易い環環を提供してくれている業者のことをいいます。
丁寧な対応が特長です。

《悪徳現金化業者》

利用にあたって最も注意しなければいけないのが、悪徳現金化業者です。
一見良い業者に見えますが、実際利用してみると(商品を購入した後で)支払いについて聞いていた話と違う、脅すように誘導してくるなど、不利益なことや新たなトラブルしか起きません。
最初の電話での言葉遣いや説明が良く、換金率がとても高いなどで「悪い点が見当たらないから」という理由で安易に利用を決めないよう注意しましょう。
会社情報が少ないのが特長です。

《換金率・還元率》

購入した商品の金額に対して、買い取りをしてもらう金額の割り合いのことを表します。
換金率、還元率呼び名はそれぞれですが意味は同じです。
相場は80%~85%といわれており、10万円の商品を購入したら、8万~8万5千円の現金が手に入るということです。
購入した商品により、割合が異なり、購入額が多いほど換金率が高くなるのが一般的です。

《振り込みスピード》

商品を購入してから、現金があなたの銀行に振り込まれるまでのスピードのことをいいます。
早いところは5分、おおよそのところが10分~15分で提供してくれます。
平日の昼間だけでなく、深夜あるいは土日の振り込みスピードも確認しましょう。

《審査の内容》

現金化を申し込むにあたって審査があるか無いか、どのようなことが行われるのかという疑問を持つ方は多くいますが、実際に審査が行われることはありません。
仮にあるとすれば、クレジットカードを所持していない人が現金化を利用するにあたって、新規でクレジットカードを作成するときです。
(その際の審査は現金化の審査ではありませんのでここでは省きます。)
ただ利用するだけであるのに審査を強要された場合は、クレジットカード現金化としておきながらあなたの情報を元に金融業者でキャッングをさせられるなどの「悪徳業者」の匂いがしますので、絶対に審査は断りましょう。

《必要な書類》

新規でお申し込みをする場合は、本人確認のために身分証明書が必要になる場合がほとんどです。
クレジットカードを第三者に悪用されることを防ぐためにも必要な確認作業となりますので、運転免許証・健康保険証・パスポート・住基カードなどの身分証明書の類を用意しておきましょう。
これらの身分証明書を写真に撮ってメールに添付する形で連絡しますので、郵送やコピーなどのやりとりは必要ありません。
店舗型の業者を利用する場合は、店頭での身分証明書の提示や、申し込み書類への記入などの手続きが別途行われる場合があります。

《キャンペーン》

現金化業者が、「高換金キャンペーン」などを実施することがあります。
期間限定もしくは、女性限定、利用金額によるものなど、様々なキャンペーンがありますので、お得に利用できるものは利用しましょう。

2

良質な現金化業者を利用する

現金化にあたって最も重要となるのが良質な現金業者を利用することといって間違いありません。 良質な業者であれば、利用者のことえを考えたサービスを提供し、クレジットカードの利用法に基づき、利用者に負担が無いようサポートしてくれます。 一般的に「優良業者」ということができますが、優良業者を見分けるポイントは以下のような点になります。

優良現金化業者とは?

対応が良く丁寧

言葉遣いが悪く、支払いや購入を急かすような業者はNG業者です。

ホームページがある

単純にホームページがあるだけではなく、そこを見るだけで最低限の大まかなことがわかるようなサイトであれば大丈夫です。

固定電話があり、電話対応は専任のスタッフがいる

固定電話(フリーダイヤル)であることは一つの条件で、電話対応の専任スタッフがいると安心できます。

利用者のことを考えたキャンペーンなどの充実

利用者あっての現金化です。利用者が利用し易い環境と、よりメリットのあるサービスを提供する姿勢があるところは優良業者といえます。

換金率が高すぎない

換金率の相場は80~85%と言われています。あまりに高いところは注意が必要です。

その逆の悪徳業者とは?

商品を非常に安い値段でしか買ってくれない

買い取り額が聞いていた額と違った

手数料を請求してくる

詐欺まがいの行為で脅してくる

世の中には良質な業者が殆どで悪質な業者のほうが圧倒的に少ないですが、その分悪質な業者と契約してしまうと思いがけず、面倒なことになりかねません。
現金化に慣れてきた頃や、よく知らない人に紹介されて利用する場合など、少し余裕が出てきたときこそもう一度利用する業者について見直してみましょう。

⇒悪徳業者と優良業者についてはこちらもご覧ください

3

危険とリスクを知り、自己責任で利用する

危険というのは、主に悪徳業者を利用した場合に起こり得ます。 リスクというのは、クレジットカードの利用や、現金を手に入れることによる、支払いなどの負担が生じるということです。

現金化を利用できるのは「クレジットカードを保有しているから」で、クレジットカードを保有できているのは「身分証明が認められ、消費者の権利を得ている」ということです。
現金化を利用できる人というのは、「社会的に身元を保証されている」ということになります。

現金化を利用することは、「クレジットカードを持っている人なら」誰でも今すぐ可能ですが、そこには

<身元証明>=個人情報
<消費者の権利>=消費者のマナー
<消費者の責任>=商品の対価の支払い

などを引き換えにしているという責任があることを忘れてはいけません。
これらの責任を負える自信がない方は利用するべきではありませんし、現金化は向いていません。

⇒クレジットカード現金化の危険性についてはこちらもご覧ください

★まとめ★

確かな現金化を行うためには、正しい情報と知識をもって良質な現金化業者を利用することが大切となります。 自分の判断と行動に責任が負える人のみ利用をおすすめします。

共有する!

この記事を読んでる人はこちらの記事も読んでます

現金化業者簡単検索

あなたにピッタリのクレジット現金化業者を簡単検索!
検索条件








クレジットカード現金化に対する注意喚起

クレジットカード現金化は下記各機関から利用に関する注意喚起を促されています。
利用する際は注意事項を確認するようにしましょう。

消費者庁
日本クレジット協会
国民生活センター
PAGE TOP