和光クレジットの画像

和光クレジットの口コミと評判

法人の方や、マイナーなクレジットカードしか持っていない方にオススメしたいのが和光クレジットです。様々な噂のある現金化業者ですが、実際のところはどのような業者なのでしょうか?換金率、現金化の流れ、口コミなどをまとめてみました。

  1. 和光クレジット
  2. 口コミ
  3. 評判
  4. クレジットカード現金化
  5. 現金化

和光クレジットの概要

和光クレジット

ココがポイント
  • 即日振り込み最速5分
  • 来店・審査不要
  • マイナーなクレジットカードもOK

グラフで見るお客様の評判

店名 和光クレジット
所在地 東京都渋谷区道玄坂1-17-7くすのきビル5F
URL http://wako-c.net/
営業時間 9:00~19:00
メール受付は24時間年中無休
最短お振込時間 5分
電話番号 0120-971-489

和光クレジットの特長

87%以上の高換金率で、マイナーなクレジットカードも利用可

購入する商品の金額によって換金率が変わるのがクレジットカード現金化の特徴ですが、和光クレジットは最低金額でも87%の高換金率を提供しています。
そして、特筆すべきはJCBやVISA、Masterなどの他に、AmericanExpress、Dinersも使えるということです。
クレジットカードをあまり持っていない方、或いはJCBやVISAなどに利用制限が出ている方などへの間口の広さがあることで、様々なニーズに応えることができる業者であるといえます。

優良業者とされる理由

優良とされる理由1

必要な手順が明確

和光クレジットは消費者金融ではないので、審査も無く、来店する必要がありません。
ホームページからの申し込みフォーム、またはフリーダイヤルからのスムーズな申し込みが可能です。
必要な書類も、新規申し込みの方に限り本人確認書類(身分証明書)が必要となりますが、用意しづらい収入証明書などは不要ですので、その場で簡単に申し込みができるのが利用しやすいポイントです。

優良とされる理由2

換金率を公開している

クレジットカード現金化において最も重要で、他社と比較をするポイントは「換金率」であると思いますが、その換金率を公表していない業者は実際に多くあります。
和光クレジットのホームページで確認してみると、一見「当日プラン83%」「通常プラン84%」という文字が見えるのですが、クリックしてみると87%~94%という換金率が表示されます。
これについては、換金率が多少わかりづらい(どちらが本当の換金率!?という)部分は否めませんが、換金率をしっかり確認したいという方だけに開示される仕組みとなっているようで、ユーザーの要望に沿うように、換金率を明確にしている点はとても好感が持てます。

優良とされる理由3

法人は90%以上の高換金率

法人利用の場合は、個人利用よりも3%アップした90%以上の換金率を提供してくれます。
法人で利用する場合というのは、必要な資金の桁も個人の場合とは大きく違うため、運営資金や開業資金として用意したい法人の方にはとてもメリットのあるプランということができます。

こんな人にオススメ

  • 明確な換金率で尚且つ高換金率重視という方
  • 法人の方、法人利用を検討している方
  • 使えるクレジットカードが限定される方

和光クレジットの利用の流れ

1

申し込みフォームまたは電話から申し込み

申し込みフォームでは、必要事項を入力するだけで簡単に申し込みができます。
「氏名」「電話番号」「メールアドレス」「住所」の4点を入力する流れとなります。
この段階で住所を入力するのは珍しいといえますが、購入商品のお届けのためにも住所の連絡はいずれ必要になりますので、2度手間にならないという点で良心的かもしれません。
申し込みフォームからは24時間申し込み可能ですが、電話受け付けは9:00~19:00となっています。

2

本人確認と、利用の説明

初めて和光クレジットを利用する方に限り、本人確認書類が必要となります。 写真に撮り、メールで添付する形で本人確認を行います。

3

好きな商品を選んでクレジットカードで購入!

和光クレジットが推奨する商品から、お好きな商品を選んで、お手持ちのクレジットカードで購入します。
和光クレジットは購入代行もしているところがまた珍しく、1から10までお任せできるのも特長的です。
その場合も支払い方法などは、あなた自身が決めることができますので、無理の無い返済ペースを選びましょう。

4

振り込みを確認して完了!

カードの決済が確認でき次第、最速5分でご指定の銀行口座に送金されます。
和光クレジットは、提携銀行が多い点も利用者にとって助かるポイントです。

和光クレジットQ&A

Q.本人確認書類とはどんなものを用意したらいいですか?
A.現住所が確認できる身分証明書のご用意をお願いしております。各種免許証や健康保険証などのご提示をお願いしています。
 
Q.今定職に就いていないのですが、それでも利用可能ですか?
A.弊社は消費者金融ではありませんので、就業の有無は関係ございません。ご本人様名義のクレジットカードがあり、そちらのカードの「ショッピング枠」に空きがあればどなたでもご利用いただけます。 

【和光クレジットの人気の秘密とは?】

人気の秘密①

和光クレジットは
他社で使えなかったクレジットカードは3%アップ

隠れた人気となっているのが、他社で利用できなったクレジットカードを利用する場合は更に換金率が3%アップするサービスです。
マイナーなクレジットカードしか審査が通らなかったためマイナーなカードしか持っていない、海外で作ったカードのため日本ではあまり使えない、あるいは、主要なクレジットカードは全てショッピング枠を利用済みである・・など、個々の理由によって使えるクレジットカードに制限がある場合にとても「使える」サービスといえますし、お勧めはできませんが、クレジットカード現金化の多重利用を目的としている方にはとても需要があるといえます。

人気の秘密②

和光クレジットは
取り扱い銀行が多い

三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行、三菱東京UFJ銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行、ゆうちょ銀行の7銀行と提携していて、クレジットカード現金化業者としては提携銀行が多いほうといえます。
これにより、新たに口座を解説しなくても、従来お持ちの銀行口座で手続きができる人が増えますので、急ぎ現金が必要な方、または近く(コンビニなど)のATMで利用ができる銀行をお使いの方にとってはかなり助かるポイントです。

人気の秘密③

和光クレジットは
審査なし、5分のスピード送金

いわゆる消費者金融とは異なり、審査が無いのが和光クレジット利用のメリットです。
審査が無いことにより、オンラインだけでのやりとりができますので、現金化までのスピードが早く、最速5分での振り込みを実現しています。
これにより日本全国どちらからでも申し込みが可能で、金融業が近くに無い地域の方、子育て中で身動きの取りづらいママたちにも使いやすい仕組みとなっています。

和光クレジット
公式サイトへ

利用者の声

「表示通りの高換金率で良かったです!」
クレジットカード現金化は何度も利用しているので、より良い業者をさがしていて和光クレジットに行き着き、ホームページで換金率やFAQ、利用の流れなどが明確なのが良かったので利用しました。
最初なかなか電話が繋がらず、多少不安になりましたが、折り返しの電話できちんとフォローがあったので満足です。
また、換金率が表示通りでかなり高かったのも良かったですね。

(40代男性 会社員)

「噂とは裏腹に、わかり易くて利用しやすかったです。」
あちこちのサイトで良くない口コミなどもありましたが、ホームページが好印象でとてもわかりやすかったので利用してみました。
私自身は最近クレジットカード現金化を利用し始めた、ビギナーともいえる一主婦ですが、和光クレジットさんは他社とも変わりなく、とてもスムーズな対応で利用し易い業者さんという印象です。

(30代女性 主婦)

「私のクレジットカードでも利用できましたが、3万円からの利用なのが残念です。」
他社で使えなったカードでも利用できるのが助かりました。
新しくカードを作るとなると時間もかかるし審査も必要なので、困っていたところ、和光クレジットはシティカードもOKで即申し込ませてもらいました!
今回は3万円の利用をお願いしましたが、本当は1万円から利用できるようになるともっと使いやすくなって嬉しいです。

(20代女性 会社員)

「法人カードでがっつり換金してもらいました!」
法人のカードの場合の換金率がかなり良く、会社の法人カードでお得に利用させてもらいました。
運営上色々あると、現金の準備は急ぎだったり、額もとんでもないときがあるので、法人で利用させてもらえて、その分換金率もアップしてくれるのはかなり助かります。
今後もトラブルのときは利用したいです。

(30代男性 会社役員)

和光クレジット
公式サイトへ

口コミ体験を投稿する

以下の内容で投稿します。注意事項・投稿ガイドラインに同意の上「口コミする」ボタンを押してください。※全て必須項目です。

職業
年代
性別
タイトル
評価
コメント

>口コミに関するガイドライン

共有する!

現金化業者簡単検索

あなたにピッタリのクレジット現金化業者を簡単検索!
検索条件








クレジットカード現金化に対する注意喚起

クレジットカード現金化は下記各機関から利用に関する注意喚起を促されています。
利用する際は注意事項を確認するようにしましょう。

消費者庁
日本クレジット協会
国民生活センター
PAGE TOP