クレジットカード現金化の画像

携帯電話料金の支払いが遅れたら、auWALLETが使えなくなる?

携帯電話料金の支払いが遅れると、当然のことながら、携帯電話を止められてしまいます。そうすると、auかんたん決済が使えなくなってしまう可能性もあるので、気をつけてください。また、支払いが遅れたとき、チャージしてあるauWALLETも使えなくなってしまうのでしょうか? 調べてみました。

  1. クレジットカード現金化
  2. 知る
  3. 初心者
  4. auかんたん決済
  5. auWALLET
1

もし、au携帯料金の支払いが遅れたら・・・

auの携帯電話料金の支払い日(引き落とし日)は、毎月25日です。
※KDDIまとめて請求の人は月末。

ですから、24日までに引き落とし口座に入金しておく必要があります。

万が一、支払いが遅れてしまうと、auかんたん決済が使えなくなってしまう可能性があるので、気を付けてください。

auかんたん決済が使えないということは、もちろん現金化もできなくなってしまいますからね。

auかんたん決済の利用額の枠がリセットされるのは、毎月1日。
25日に携帯料金を払えなかった分を、1日にauかんたん決済で現金化して支払おうと考える人もいるかもしれませんが、すでにauかんたん決済の利用制限がかかってしまっているので、それはできません。

支払いが遅れている携帯料金を支払えば、auかんたん決済も利用できるようになります。

遅れた料金を支払って、21時までにauで支払いの確認が取れれば、翌日の13~18時の間に、利用規制が解除されます。
21時以降になってしまうと、翌々日の13~18時となってしまいます。

ただし、auかんたん決済の利用規制が解除されても、利用限度額を減らされてしまうケースがあるようです。
支払いが遅れたので、信用度が落ちてしまっていますからね・・・

auは減額する場合の基準を公表していないため、どの程度遅れてしまったら減額されるかは分かりません。
利用状況によって、減額されない人もいれば、5分の1にまで減額されたという人もいるのです。

利用額を減らされてしまうと、非常に不便ですから、au料金の支払い遅れには、十分に注意しましょう。

2

auWALLETは問題なく使える

料金の支払いが遅れると、auかんたん決済の利用制限がかかることが分かりましたが、auWALLETはどうなのでしょうか。

もし、すでにauWALLETに多額をチャージしている状態で、利用停止になってしまったら、チャージした金額がパーになってしまいます。

でも、安心してください。
携帯電話料金の支払いが遅れてしまい、通話利用ができなくなった状態だとしても、auWALLETの利用には、まったく影響ありません。

チャージしているお金を、滞納している携帯料金に自動的に充当される、ということもありません。

自分がチャージした金額は、自分で好きなように使うことができます。

ただし、当然のことながら、利用制限がかかっているauかんたん決済からauWALLETにチャージすることはできません。

auWALLETへのチャージは、現金かクレジットカードのどちらかでしか、できなくなってしまいます。

それでは、auWALLETを使うメリットがないですよね。
クレジットカードを持っていなくても、auかんたん決済と組み合わせることで、現金化できる点が、auWALLETの良いところですから。

auWALLETのメリットを最大限に活かすためにも、au料金を滞納しないようにしたいですね。

あとがき

au携帯料金の支払いが遅れてしまった場合に、auかんたん決済やauWALLETの利用がどうなるかを解説しました。

auかんたん決済は、利用制限がかかってしまったり、限度額が減ってしまったりする可能性がありますが、auWALLETは問題なく使えるということでしたね。

いずれにせよ、料金の滞納は、著しく信用を下げてしまいます。
そのまま滞納し続けると、いわゆるブラックリストに載ってしまい、他社でもクレジットカードを作れなくなってしまいます。

危機感を煽るつもりはありませんが、あえて最悪のケースを知っておくことで、「絶対にそうならないようにしなきゃ!」と、身を引き締めてほしいと思っています。

共有する!

この記事を読んでる人はこちらの記事も読んでます

現金化業者簡単検索

あなたにピッタリのクレジット現金化業者を簡単検索!
検索条件








クレジットカード現金化に対する注意喚起

クレジットカード現金化は下記各機関から利用に関する注意喚起を促されています。
利用する際は注意事項を確認するようにしましょう。

消費者庁
日本クレジット協会
国民生活センター
PAGE TOP