クレジットカード現金化の画像

貯まった「au WALLET」ポイント、すぐに現金化する方法を紹介!

auの携帯電話やインターネット回線auひかりを使っている人なら、auの電子マネー「au WALLET」を使っている人も多いのではないでしょうか。au WALLETを利用することで、WALLETポイントも貯まります。そこで、au WALLETで貯まったポイントを、現金化する方法を紹介したいと思います。

  1. クレジットカード現金化
  2. 知る
  3. 初心者
  4. au WALLET
  5. WALLETポイント
1

au WALLETって何!?

au WALLET(エーユー ウォレット)は、プリペイド式の電子マネーです。
auの携帯電話や、インターネット回線auひかりを使っていれば、au WALLETプリペイドカードを持つことができます。

プリペイドカードですから、お金をチャージすることで、チャージした金額内で買い物することが可能です。

au WALLETのアプリやサイトから、以下の方法で、お金をチャージすることができます。

auショップやコンビニのローソンでも、「チャージをお願いします」と言って、プリペイドカードと現金を渡せば、チャージすることができますよ。

お金をチャージすれば、日本全国のみならず、世界中のMasterCardやVISA加盟店で、使用できます。
店員さんにカードを渡して「一括払いで」と伝えれば、その場でチャージ金額から引き落としされます。
クレジットカードと同じ感覚で使うことができますね。

もちろん、お店だけでなく、ネットでの買い物にも使えます。

そして、au WALLETを使って買い物すると、利用金額に応じて「WALLETポイント」が貯まります。
200円ごとに1ポイントたまるので、還元率は0.5%。

そのほか、auの携帯電話料金や公共料金の支払いをau WALLETで行っても、ポイントが貯まります。

さらに、ポイントアップ対象となるパートナー企業の店舗で使うと、還元率が1~3%に上がります。

パートナー店舗をうまく使えば、たくさんWALLETポイントを貯められるでしょう。

<主なポイントアップ店>

かっぱ寿司(寿司店)
牛角(焼肉店)
はなの舞(居酒屋)
しゃぶしゃぶ温野菜(居酒屋)
Tomod's(ドラッグストア)
マツモトキヨシ(ドラッグストア)
GAP(ファッション)
200円ごとに2ポイント<還元率1%>
Tiful(ヘアサロン予約サービス) 200円ごとに3ポイント<還元率1.5%>
スターバックス(カフェ) 200円ごとに6ポイント<還元率3%>

還元率1%のお店が多い中、スターバックスはなんと3%も!
スタバをよく利用する人なら、使わない手はないですね。

2

WALLETポイントをチャージする? 現金化する?

貯まったWALLETポイントは、au WALLETにチャージして、再び使うことができます。
100ポイント以上貯まっていれば、1ポイント=1円換算で、チャージ可能。

au WALLETにチャージすれば、多くのお店で使えますから、必要なものを買うことができますね。

ただ、どうしても「現金が欲しい!」という場合は、どうしたらよいでしょうか。

WALLETポイントを直接、現金化することはできません。
そのため、商品券やギフト券と交換する方法がベターでしょう。

おススメは、 WALLETポイントで「Amazonギフト券」を購入、換金して、現金にする方法です。

au WALLETにチャージされている金額分をMasterCardとして利用
 ↓
amazon.co.jpでAmazonギフト券を購入
 ↓
Amazonギフト券を買取専門サイトに売却

という流れで、現金化することができます。

WALLETポイントが貯まっていて、現金化したい場合は、チャレンジしてみてください。

あとがき

貯まったWALLETポイントを現金化する方法を紹介しました。
auの携帯電話を使っている人なら、いつの間にか貯まっているかもしれないので、ぜひチェックしてみてください。

ポイントが貯まっていれば、au WALLETにチャージするも良し、Amazonギフト券に交換して現金化するも良し、選択肢が広がりますね。

ただし、WALLETポイントをau WALLETにチャージできるのは、1回につき2万円まで。
まとまったお金を現金化したい場合は、クレジットカード現金化業者に頼むほうが良いでしょう。

共有する!

この記事を読んでる人はこちらの記事も読んでます

現金化業者簡単検索

あなたにピッタリのクレジット現金化業者を簡単検索!
検索条件








クレジットカード現金化に対する注意喚起

クレジットカード現金化は下記各機関から利用に関する注意喚起を促されています。
利用する際は注意事項を確認するようにしましょう。

消費者庁
日本クレジット協会
国民生活センター
PAGE TOP