クレジットカード現金化の画像

現金化業者の見分け方④ セキュリティ管理を確認

ホームページのデザインを確認して、問題がなかったら、次のチェック項目に移りましょう。それは、セキュリティ管理の確認です。もし、セキュリティ対策を行っていない悪徳業者と取引してしまったら、あなたの個人情報が漏れてしまうリスクが高くなってしまいます。個人情報保護やセキュリティ対策を十分に行っている業者を選ぶことが重要です。

  1. クレジットカード現金化
  2. 知る
  3. 初心者
  4. セキュリティ対策
  5. SSL
1

セキュリティ対策を行っていない業者は危ない

こんな経験をしたことはありませんか?
とあるサイトにアクセスして、お得な情報があるからといって、何気なくメールアドレスを送ったら、数日後から迷惑メールが急増したという経験が。

それは、あなたのメールアドレスがほかの業者に流出してしまっているのです。
そのホームページのセキュリティ対策が十分でないために、インターネットを通じて、メールアドレスを送ったときに、第三者にデータを盗まれてしまったのでしょう。

非常に迷惑な話ですよね。

さらには、収集した個人情報を売買して、不当な利益を得ている悪質な業者も存在しています。

そんなリスクを減らすためにも、個人情報保護やセキュリティ対策を十分に行っている業者を選ぶことが重要です。


2

申し込みフォームのSSL化を確認

それでは、どのようにして、現金化業者のセキュリティ対策をチェックしたら良いのでしょうか?

クレジットカード現金化をインターネットで申し込む場合、主に「申し込みフォーム」を使用します。

そのとき、その申し込みフォームのURLが「https」から始まっているかを確認してください。

これはSSLといって、インターネット上でデータを暗号化して送受信する仕組みです。
メールアドレスなどの重要な個人情報を入力しても、あなたのパソコンと業者のサーバ間の通信データを暗号化するので、第三者によるデータの盗難や改ざんなどを防ぐことができます。

URLのhttpsの横に、緑色のカギのマークが出るブラウザもありますので、それでも判断できますよ。

申し込みフォームを確認して、URLが「https」から始まっていない場合は、セキュリティ管理を怠っている会社であると言えます。

必ずチェックするようにしてください。


3

クレジットカード情報を漏らさないようにする

現金化業者に電話をかけたり、問い合わせフォームから質問を送ったときに、クレジットカード情報を聞いてくる業者がいます。

業者は「現金化に必要なんです」と、言葉巧みに言ってくるかもしれませんが、絶対に教えないでください!

クレジットカード情報を聞いてきた時点で、その業者は悪徳業者です。
即刻、取引を中止してください。

なぜなら、現金化の取引で、クレジットカード情報を教える必要は一切ないからです。

現金化とは、あなたのクレジットカードのショッピング枠を使って、カード決済した商品を売ることで現金を得るものですから、業者にカード情報を教える必要はないのです。

勘違いしている人が多いのですが、クレジットカードのショッピング枠を担保にした借り入れではないですからね。
現金化業者は、金融業者ではありません!

それなのに、カード情報を聞いてくるということは、あなたのクレジットカードを不正利用しようという魂胆が丸見えです。
カード情報を教えるだなんて、「どうぞご自由に使ってください」と言っているようなものですよ。

もちろん、クレジットカードのコピーも渡してはいけません。

もし、カード裏面のセキュリティコードまで教えてしまったら、カードが手元になくても、ネットショッピングができてしまいますからね。

「暗証番号を教えていないから大丈夫!」と思うかもしれませんが、ネットショッピングでは暗証番号を入力しなくても、セキュリティコードだけで購入できてしまうサイトも増えています。

それほど、クレジットカード情報は重要なものです。
誰にも教えることなく、あなた自身で大切に取り扱ってください。


あとがき

最初は、セキュリティ管理と言っても、ピンとくる人は少なかったと思いますが、どれほど重要なものかお分りいただけたかと思います。

たとえ、パソコンにセキュリティソフトをインストールしていても、セキュリティ対策していないホームページに個人情報を送信してしまっては、まったく意味がないのです。

自分の情報は自分で守り、悪徳業者からも身を守ってください。

共有する!

この記事を読んでる人はこちらの記事も読んでます

現金化業者簡単検索

あなたにピッタリのクレジット現金化業者を簡単検索!
検索条件








クレジットカード現金化に対する注意喚起

クレジットカード現金化は下記各機関から利用に関する注意喚起を促されています。
利用する際は注意事項を確認するようにしましょう。

消費者庁
日本クレジット協会
国民生活センター
PAGE TOP