dポイントの画像

dポイントを貯めるなら!必須のdカードのメリットを紹介

dポイント加盟店が続々と増えている今、dポイントが貯めやすくなっています。もっとたくさんのdポイントを貯めたいなら、docomoが発行するクレジットカード「dカード」を発行することをオススメします。dカードを利用することで、かなりお得にdポイントを貯められますからね。そこで、dカードの特徴とメリットを紹介します。とくにdocomoユーザーなら、持っておいて損のない1枚ですよ!

  1. dポイント
  2. dカード
  3. お得
  4. メリット

docomoユーザーではなくてもdカードを持つべき

1

dカード特約店で還元率アップ

dカードは、docomoが発行するクレジットカード。
docomoユーザーはもちろん、docomoユーザーでなくても、dポイントを貯めることができます。

dカードは、初年度年会費無料です。
2年目以降も、前年に1回以上カードを利用していれば年会費無料になるので、実質的に年会費無料と言えるでしょう。
前年に1回も利用しなければ、翌年の年会費は1,250円(税抜)となります。

dカードを利用すると、利用金額の1%がdポイントとして還元されます。
これだけなら、他のクレジットカードと何ら変わりないですが、dカードの大きな特徴は「dカード特約店」で利用すると、ポイント還元率がアップすることです。

その最たる例がコンビニのローソンです。
ローソンでdカード決済をすると、100円につき5ポイントものdポイントが還元されるのです。
還元率5%で、通常の5倍ですね。
よくローソンを利用する人なら、dカードを使えばお得にdポイントを貯められますね。

そのほかにも、多くのdカード特約店があります。

マツモトキヨシ 100円利用につき3ポイント
タワーレコード 100円利用につき3ポイント
AOKI 100円利用につき3ポイント
コナカ 100円利用につき3ポイント
スターバックスカード 100円利用につき4ポイント
ドトールバリューカード 100円利用につき4ポイント
高島屋免税店SHILLA&ANA 100円利用につき5ポイント
日経ビジネス 100円利用につき5ポイント

特約店をうまく利用すれば、dポイントを効率的に貯められそうです。

また、docomoの携帯電話を利用しているなら、dカードケータイ補償というサービスが付帯しています。
dカードケータイ補償とは、携帯電話端末が購入から1年以内に、偶然の事故により紛失・盗難または修理不能(水漏れ・全損など)になった時、dカードで購入し直すと、購入費用の一部をサポートしてもらえるというサービスです。
dカードユーザーには、1万円分の補償が自動で付帯されるので、docomoユーザーは安心できますね。

2

ゴールドカードの最大のメリット

dカードには、ゴールドカードもあります。
「dカード GOLD」です。

dカード GOLDの基本的な仕組みは、dカードと同じです。
ポイント還元率は1%ですが、dカード特約店で利用すれば還元率がアップします。

もっとも大きなメリットは、docomo携帯電話料金の10%をdポイントで還元することです。
例えば、携帯電話料金が毎月8,000円であったら、800ポイントのdポイントが還元されるのです。
これはかなり大きな還元ですよね。

ゴールドカードですから、年会費は1万円(税抜)と高額です。
ただ、携帯電話料金が8,000円以上かかっているなら、この10%還元だけで、年会費と同じかそれ以上のdポイントを得られます。
年会費のモトが取れるなら、作る価値はありそうです。

また、dカード GOLDなら、前述のdカードケータイ補償が10万円分も付帯しています。
ほぼ負担なく、ケータイを買い換えられるという訳ですね。

dカード GOLDは、旅行保険も充実しています。
国内旅行傷害保険は最大5,000万円、海外旅行傷害保険は最大1億円(自動付帯分は最大5,000万円)で、同行する家族も対象となる家族特約付きと、プラチナカード並みの充実度です。

3

一般とゴールドのどちらを選ぶ?

dカードとdカード GOLDの特徴を紹介しました。
それぞれの特徴から、次のような結論が導き出されます。

docomoユーザーで携帯料金が高い人は「dカード GOLD」を、
携帯料金が安い人・docomoユーザー以外の人は「dカード」を選択すると良いでしょう。

dカード GOLDは、docomoユーザーでなければ携帯料金の10%還元という最大の恩恵を預かれないですからね。
一般のdカードでも、dカード特約店ではポイント還元率が高いですから、充分にdポイントを貯めることができます。

あとがき

お得にdポイントを貯められるdカードについて、解説しました。

docomoユーザーでなくても、dカード特約店をよく利用しているというなら、dカードを作って、dポイントを貯めましょう。
還元率3~5%というのは、一般のクレジットカードではなかなかないですから、かなりお得です。

docomoは、今後さらにdポイント加盟店を増やしていく戦略ですから、今のうちからdカードを作っておけば、どんどんdポイントを貯められるかも知れません。

dポイントを貯めるなら、dカードは必須です!

共有する!

この記事を読んでる人はこちらの記事も読んでます

現金化業者簡単検索

あなたにピッタリのクレジット現金化業者を簡単検索!
検索条件








クレジットカード現金化に対する注意喚起

クレジットカード現金化は下記各機関から利用に関する注意喚起を促されています。
利用する際は注意事項を確認するようにしましょう。

消費者庁
日本クレジット協会
国民生活センター
PAGE TOP