クレジットカード現金化の画像

利用停止だけじゃない!カード会社にクレカ現金化がバレたら大変!

クレジットカード会社は、利用規約でショッピング枠の現金化を認めていません。そのため、もしショッピング枠で現金化したことがカード会社にバレてしまうと、大変です。クレジットカードの利用停止措置を取られる可能性があります。さらに、厳しいカード会社の場合、バレた時点で即、強制解約となってしまうことも! カード会社に現金化を利用したことが疑われないように、注意する必要があります。

  1. クレジットカード現金化
  2. 初心者
  3. 知る
  4. 利用規約
  5. 違反
1

利用規約に違反するとどうなる?

クレジットカードには、「ショッピング枠」と「キャッシング枠」があります。

「お金を借りたい」という人には「キャッシング枠」があるので、買い物を目的とした「ショッピング枠」を使って現金化することは、クレジットカード会社の利用規約で認められていません。

それでは、クレジットカードの利用規約に違反すると、利用者にどのような措置が取られるのでしょうか?


カードが利用停止になる

ショッピング枠を現金化したことが、カード会社にバレてしまうと、利用規約に違反したとみなされて、クレジットカードの利用停止になることがあります。

利用停止は、クレジットカードを利用した代金の支払いが延滞したときにもなりますね。
カード代金の引き落とし日に、銀行口座にお金を入れておくのを忘れてしまって、一時的に利用停止になってしまったという経験がある人も、少なからずいるのではないでしょうか。

支払いの延滞で利用停止になった場合は、その延滞した支払いを行うまで、一時的にカードを利用することができなくなります。

ただ、ショッピング枠の現金化など、不正利用が疑われたときの利用停止の場合は、クレジットカード会社によって対応が異なるため、一概には言えません。

利用停止となった後でも、カードが使えるようになるのか、もしくは使えなくなってしまうかは、カード会社の判断に委ねられることになります。


強制解約→一括返済請求

その不正利用が、カード会社から悪質だと判断されてしまうと、有無を言わさず、強制解約させられます。
解約ですから、今後そのカードを使うことは一切できません。

それどころか、そのカードで使ったキャッシング枠とショッピング枠の利用残高を、一括請求されることが多いです。

このように、カードの利用規約違反により、

のいずれかの処分を受けてしまうことになります。

2

新たにカードが作れなくなるケースも・・・

利用停止となった場合、そのカードが使えなくなるだけならまだしも、そのカードと同じグループのカードが作れなくなることがあります。

もしくは、同一グループのカードを持っていて、カードの有効期限が来たとき、更新を拒否される可能性があります。

それは、いわゆる「ブラックリスト」に載るわけではないのですが、カード会社の内部データには利用停止や強制解約があったことは必ず残ってしまうためです。

そうなってしまうと、今後、同一グループのカード会社が発行するクレジットカードを作ろうとしても、審査の段階で落とされてしまう確率が、非常に高くなってしまいます。

3

カード会社に現金化がバレる使い方

利用規約違反となって、利用停止や強制解約という事態に発展してしまうと大変なことが分かったと思います。

そもそも、どうしてカード会社に現金化がバレてしまうのでしょうか。
とても多い理由を2点挙げましょう。


キャッシング枠を使い切っている

カードのキャッシング枠を限度額いっぱいまで借りていて、それと同時にショッピング枠の利用額が増加している場合は、カード会社から目を付けられます。

いままでショッピング枠をほとんど利用していなかった人が、キャッシング枠を使い切ってから、急にショッピング枠を限度いっぱいまで使用したら、明らかに利用の仕方がおかしいですからね。

カード会社から「この利用者はショッピング枠を現金化に使っているのではないか?」と疑われてしまいます。


換金性の高い商品ばかり購入している

カード会社から現金化を疑われる、最大の理由がこれです。
金券や新幹線の回数券など、換金性の高い商品をカードで購入すると、現金化を疑われやすくなってしまいます。

近年は、金券をカードで購入できなくなってきていますが、仮に買えた場合でも現金化を疑われて、カード会社から電話がかかってくることもあります。

クレジットカードの利用規約でも、金券類をカードで購入することを禁止している場合が多いので、十分に気をつけてください。

あとがき

カード会社に現金化がバレたら、今後の生活が不便になってしまいますね。
急にお金が必要になって現金化を行うのに、強制解約されて、お金を一括請求されてしまっては、元も子もありません。

そうならないためにも、現金化を疑われてしまうようなショッピング枠の使い方は控えましょう。

つまり、換金性の高い商品を買うなど、個人で現金化を行ったり、買取方式の業者を選んだりすると、非常にバレるリスクが高いです。

反対に、キャッシュバック方式の現金化業者を利用することで、そのリスクを大幅に減らすことができると思います。

共有する!

この記事を読んでる人はこちらの記事も読んでます

現金化業者簡単検索

あなたにピッタリのクレジット現金化業者を簡単検索!
検索条件








クレジットカード現金化に対する注意喚起

クレジットカード現金化は下記各機関から利用に関する注意喚起を促されています。
利用する際は注意事項を確認するようにしましょう。

消費者庁
日本クレジット協会
国民生活センター
PAGE TOP