dポイントの画像

使えるお店が急激に増加!貯まったdポイントを現金化できる

docomoの「dポイント」が使えるお店が急激に増えていることをご存知でしょうか? 使えるお店が増えているということは、いままでより貯まりやすくもなっているということです。貯まったdポイントをお店で使っても良いですが、現金化することもできます。そこで、dポイントを現金化する方法を紹介します。dポイントがたまっているけれど、あまり使い道がない場合は現金に換えてみてはいかがでしょうか。

  1. dポイント
  2. 加盟店
  3. 急増
  4. 現金化

dポイントを貯めて現金化

1

dポイント加盟店が急増中

かつてのdポイントは、docomoユーザー限定のポイントサービスでした。
携帯電話の買い替えや周辺機器の購入に使える程度だったのです。

そんなdポイントが、2015年12月にオープン化されました。
docomoユーザーでなくても、dアカウントを取得して、dポイントを獲得・利用できるようになったのです。

その結果、オープン化したdポイントは利用者が増加。
dポイントカードの登録数は、2016年度の1,256万件から、2017年度に2,232万件となり、1.8倍も増えたのです。

dポイントの提携先も、急激に増えています。
2016年度は89件だったのが、2017年度は2.6倍増の229件。
店舗数では、約34,100店舗で利用できるようになったのです。

2018年4月には、ドラッグストア大手のマツモトキヨシがdポイント加盟店に加わりました。
現在のdポイント加盟店は、実店舗ではローソンやマクドナルド、高島屋など、ECサイトではメルカリや無印良品、ソニーなど。

dポイントは、日本最大級の会員規模を持つネットワークをめざしているとのこと。
日本の大手共通ポイントといえば、楽天の「楽天スーパーポイント」とツタヤグループの「Tポイント」が挙げられます。
この2強に、どこまでdポイントが迫れるのでしょうか。

いずれにしても、これからますますdポイント加盟店が増えて、dポイントが貯まりやすい環境になっていくことは間違いありません。

2

dポイントをお得に貯める方法

dポイントは、加盟店を利用することで貯まります。
ローソンやマクドナルド、マツモトキヨシを利用する時は、dカードを提示して、ポイントを貯めましょう。

また、もともとdocomoのポイントサービスですから、docomoのサービス「dマーケット」を利用すると、dポイントが貯まりやすいです。

docomoのスマホを使っているなら、dケータイ払いプラスというキャリア決済を利用することでも、dポイントが貯まります。
月々のスマホ料金と一緒に支払いができるので、とても便利なサービスです。

他のポイントをdポイントに移行することもできます。
JALマイルやPontaポイントは、dポイントに移行できるので、いずれかのポイントをたくさん持っているなら、移行するのもアリですね。

そして、もっと多くのdポイントを貯めたいなら、クレジットカードの「dカード」を利用することです。
dカードを使うと、利用金額の1%がdポイントとして還元されますからね。

つまり、dポイント加盟店でdカード決済すると、加盟店利用によるdポイントと、dカード利用によるdポイントの二重取りができるのです。

たくさんのdポイントを貯めたいなら、dカードを作りましょう。

3

dポイントを現金化する方法

貯まったdポイントは、docomoが発行するプリペイドカード「dプリペイドカード」にチャージすることができます。

無料で作れますので、dポイントを現金化したい人は、dプリペイドカードを申し込んでください。
申し込んでから、3日~1週間ほどで届きます。

dプリペイドカードをゲットしたら、dプリペイドカードにdポイントをチャージします。

dポイントをチャージすると、dポイント1ポイント=1円の電子マネーとなります。
この電子マネーで、金券・商品券を購入して、転売することで、現金を手に入れることができるのです。

その商品として、一番のオススメがAmazonギフト券です。
いまAmazonギフト券の換金率がもっとも高く、買取サイトも豊富にあるため、現金化しやすいのです。

Amazonギフト券はクレジットカードのショッピング枠では購入できませんが、dプリペイドカードでなら購入できます

dポイントをチャージしたdプリペイドカードで、Amazonギフト券のEメールタイプを購入してください。
そして、購入したAmazonギフト券を、買取サイトで売却すれば、現金化が完了となります。

これらの作業はすべてインターネットでできますので、自宅にいながらにして、dポイントを現金に換えることができます。

あとがき

最近、勢力を拡大しているdポイントについて、解説しました。
docomoでは、dポイントを強化していく戦略とのことですから、これからも加盟店が増えることでしょう。

今後、楽天スーパーポイントやTポイントと並ぶ、いや超えるほどの成長を遂げるのか、とても楽しみです。

ますますdポイントが発展していくことは、まず間違いないですから、将来を見据えてdポイントを貯めることに力を入れても良いかもしれません。

いざとなったら、現金化もできますからね!

共有する!

この記事を読んでる人はこちらの記事も読んでます

現金化業者簡単検索

あなたにピッタリのクレジット現金化業者を簡単検索!
検索条件








クレジットカード現金化に対する注意喚起

クレジットカード現金化は下記各機関から利用に関する注意喚起を促されています。
利用する際は注意事項を確認するようにしましょう。

消費者庁
日本クレジット協会
国民生活センター
PAGE TOP