Amazonの画像

Amazonのヘビーユーザーには不可欠!Amazon MasterCardゴールドの魅力

前回のAmazon MasterCardクラシックに続いて、今回はゴールドの特徴を紹介します。ゴールドカードは年会費が高いため、敬遠している人が多いかもしれませんが、Amazon MasterCardゴールドはさまざまな割引制度があるため、実質的な年会費を安く抑えることができます。Amazonのヘビーユーザーには、お得なクレジットカードであると言えるでしょう。

  1. Amazon
  2. マスターカード
  3. ゴールド

ゴールドはポイント還元が高くAmazonプライム無料利用可

1

ゴールドの年会費やポイント還元率

「Amazon MasterCardゴールド」の基本的なカード情報について、見ていきましょう。

年会費 10,800円(税込)
マイ・ペイすリボ登録で5,400円(税込)
(2年目以降はweb明細書サービス利用で1,080円割引にできる)
国際ブランド MasterCard
ポイント還元率 通常利用 Amazonポイント1%還元
Amazon利用 Amazonポイント2.5%還元
利用可能額 50万~200万円
付帯保険 海外・国内旅行傷害保険(最高5,000万円)
ショッピング補償(最高300万円)

ゴールドカードですから、年会費が10,800円と高額です。
ただ、三井住友カードのリボ払いである「マイ・ペイすリボ」に登録すると、半額の5,400円(税込)になります。

「リボ払いにしたら、金利手数料がかかって、結局損してしまうのでは……」と思うかもしれませんが、webでリボ払いの支払い金額を上限いっぱいに変更しておけば、一括で支払いとなりますから、金利手数料はかかりません
これは、必ず登録しておいたほうが良いですね。

また、Amazon MasterCardゴールドを作ると、特典としてAmazonプライム会員になることができます。
Amazonプライム会員の年会費は3,900円(税込)ですから、5,400円-3,900円=1,500円で、カードを利用できることになります。

さらに、「web明細書サービス」を利用すると、次年度の年会費が1,080円割引となります。
つまり、実質的にゴールドの年会費は420円となるのです
これなら、ほとんど負担なく、ゴールドカードを使えそうです。

2

ゴールドのメリット

「Amazon MasterCardゴールド」は、Amazonで買い物した時のポイント還元率が2.5%と、非常に高いです
Amazonで買い物すればするほど、Amazonポイントをお得に貯めることができます。
Amazon以外でのカード利用でも、1%のAmazonポイントを獲得できます。

次に、先ほども書いた通り、ゴールド特典として自動的にAmazonプライム会員になることができます。
Amazonプライム会員になると、Amazonで商品を購入した時の配送料が無料になったり、映画やドラマが観れたりと、さまざまな特典があります。
Amazonをよく利用するなら、Amazonプライム会員は非常にお得です。

また、ゴールドカードには、海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険が自動付帯になっています
自動付帯ですから、旅行先でカードを持っているだけで、補償の対象となるのです。

そして、「Amazon MasterCardゴールド」には、即時審査サービスがあります。
一般的なクレジットカードは、カードを申し込んで、自宅にカードが郵送されるまでは使えません。
ところが、即時審査サービスを利用すれば、わずか3分でテンポラリーカードという仮カードが発行されます。

テンポラリーカードはAmazonでだけ使えるカードで、利用可能額は3万円です。
カードが届くのを待つことなく、Amazonを利用することができるのです。
もちろん、テンポラリーカードの利用でも、Amazonポイントは貯まります。

Amazon MasterCardゴールドのメリット

3

ゴールドのデメリット

「Amazon MasterCardゴールド」のデメリットはあるのでしょうか。

やはり、年会費の高いことが挙げられますが、先ほど解説した通り、実質420円になります。
420円であれば、ほとんど負担はないと言えるでしょう。

ただ、ゴールドカードを作る時、入会申し込み時にリボ払い設定にしないと、年会費が割引になりません。
カードが届いてからリボ払いに設定しても、年会費は割引になりませんので、注意してください。

次に、ゴールドカードですから、一般カードより審査が厳しい点が挙げられます
年収がそれほど高くなくても作ることはできますが、過去に支払い料金の滞納などがあると、審査に通らないかもしれません。

このように見てみると、ゴールドカードのデメリットがほとんどないことが分かります。

Amazon MasterCardゴールドのデメリット

あとがき

「Amazon MasterCardゴールド」の特徴と、メリット・デメリットを紹介しました。
メリットだらけで、デメリットがほとんどないですね。
カードの審査に通るなら、ゴールドを作ったほうが断然お得です。

Amazonのヘビーユーザーであれば、ゴールドを持っておいて損はありません。
Amazonポイントがたくさん貯まって、Amazonプライム会員になれるので、商品を購入した時も配送料もかかりませんからね。

次回のコラムでは、クラシックとゴールドについて、徹底的に比較してみたいと思います。

共有する!

この記事を読んでる人はこちらの記事も読んでます

現金化業者簡単検索

あなたにピッタリのクレジット現金化業者を簡単検索!
検索条件








クレジットカード現金化に対する注意喚起

クレジットカード現金化は下記各機関から利用に関する注意喚起を促されています。
利用する際は注意事項を確認するようにしましょう。

消費者庁
日本クレジット協会
国民生活センター
PAGE TOP