クレジットカード現金化の画像

現金化業者の見分け方③ ホームページのデザイン(見た目・作り)を確認

会社概要を確認して、とくに問題がなければ、次はホームページ全体のデザインをチェックしてみてください。文章が分かりづらかったり、デザインが雑であったり、明らかに手抜きをしているかのようなホームページは、まったくお客さんのことを考えていない悪徳業者である可能性が高いと言えるでしょう。そんな手抜きのホームページを見分けるポイントを紹介します。

  1. クレジットカード現金化
  2. 知る
  3. 初心者
  4. ホームページ
  5. 手抜き
1

ホームページがない業者は避けるべき

いまや、一般企業の約90%が、自社ホームページを開設しているというデータがあります。

残り10%の開設していない企業は、特定の取引先とB2B(企業間取引)でビジネスを展開しているため、開設する必要がないだけです。

現金化業者は、一般のお客さんと取引する形態ですから、どんな企業であるかきちんと情報を公開するためにも、ホームページは欠かせません。

それを理解している優良な業者であれば、ホームページを開設しないという選択肢はありえません。

それなのに、開設していないというのは、情報を公開できない理由があるのでは? と勘ぐってしまいますね。
悪徳業者の確率が高いと言えるのではないでしょうか。

ホームページがない業者は、その時点で避けたほうが良いと思います。

2

明らかな手抜きのホームページに注意!

ホームページを開設していても、デザイン(見た目・作り)の部分において、明らかに手抜きな業者は危険です。

ホームページは、いわばインターネット上の“お店”です。
一般のお店でも、店内が汚れていたら、あまり行きたいとは思いませんよね。

お客さんに見てもらって、良さをアピールするためのものですから、ホームページの見た目や作りは、一番重要な部分であると言えるでしょう。

企業のホームページは、その規模にもよりますが、安いものでも数十~数百万円、大手であれば数千万円もの制作費がかかっています。
ブランドを構築し、お客さんを集めるために、企業は努力を続けているわけです。

それなのに、雑な作りをしているということは、雑にしか作れない事情があるのです。

多くの悪徳業者は、何かトラブルが発生したら、すぐにホームページを閉鎖します。 そして、名前を変えて、ホームページも作り直して、新しい会社を装って、営業を再開するのです。

そのため、はじめからホームページにお金をかけて作っていない場合が多いのです。

ですから、素人目に見ても、作りが雑なホームページは悪徳業者と判断したほうが良いでしょう。

3

明らかな手抜きページの特徴

見た目や作りを確認したら、以下の点もチェックしてみてください。
明らかな手抜きと考えられるホームページの特徴をお伝えします。


<手抜きページの特徴>

その理由について、1つずつ解説していきましょう。


<ホームページの表示速度が極端に遅い>

ホームページにアクセスしても、なかなか表示されないことってありますよね。

表示速度が極端に遅いということですが、その原因は業者が安いレンタルサーバーを借りているからです。
または、海外にサーバーを置いている可能性もあります。

ホームページには、意外とお金がかかるのです。
それをないがしろにして、安く済まそうとしていますから、お客さんのことを考えていない証拠ですよね。


<無料ドメインを使用している>

業者のホームページにアクセスしたら、URLを確認してみてください。

FC2、amebloなどの文字が入って、わけの分からない文字が並んで、やたらと長いURLになっていませんか?
それは無料ドメインといって、無料・匿名で誰でも利用できるドメインなのです。

ちなみに、本サイトのURLは、http://creditgenkinka.com
クレジット現金化というタイトルを表した、短いURLになっていますよね。
これは、独自ドメインといって、取得費や維持費がかかっているのです。

きちんと事業を展開する業者であれば、独自ドメインを取得することが多いので、無料ドメインを使っている業者には注意が必要です。


<スマホに対応していない>

最近は、スマホの普及率が飛躍的に伸びています。
2016年は72.2%、実に10人中7人がスマホを使っているのです。

そのように、スマホが当たり前になっている時代ですから、ホームページもスマホ対応になっていることが、良い業者であることの1つのポイントです。

パソコンの各ブラウザ(Internet Explorer、Safariなど)に対応するだけでなく、iPhone・Androidのスマホに対応させるには、それなりの費用や手間がかかります。

それでも、スマホ対応にしているということは、それだけお客さんの利便性を考えている、優良な業者であると考えられます。

「スマホに対応していない=悪徳業者」ではありませんが、できればスマホに対応している優良な業者を選んでほしいですね。


あとがき

いかがでしたか?
ホームページの見た目や作りを確認することでも、悪徳業者を見分けることができるのです。

雑な作りというのは、あまりに抽象的な表現で分かりづらいかもしれませんが、あなたの第一印象で「なんかテキトーなホームページだな」と感じるものこそ、雑な作りのホームページだと思います。

あなたを含めて、お客さんが違和感を感じるのですから、お客さんにそう思わせる時点で、雑な作りと言えるのです。

あなたの直感を信じて、怪しいと思ったホームページは、悪徳業者かどうかをしっかりと確認しましょう。

共有する!

この記事を読んでる人はこちらの記事も読んでます

現金化業者簡単検索

あなたにピッタリのクレジット現金化業者を簡単検索!
検索条件








クレジットカード現金化に対する注意喚起

クレジットカード現金化は下記各機関から利用に関する注意喚起を促されています。
利用する際は注意事項を確認するようにしましょう。

消費者庁
日本クレジット協会
国民生活センター
PAGE TOP