クレジットカード現金化の画像

クレジットカード現金化の利用者と利用価値

クレジットカード現金化を利用している人、利用されている場面などについてまとめてみました。

  1. クレジットカード現金化
  2. 知る
  3. 初心者
  4. クレジットカード
  5. 現金化

クレジットカード現金化の利用者と利用価値

1

クレジットカード現金化の利用者とは?

クレジットカード現金化を実際に利用している人たち、利用者層というのはどのようなものでしょうか?
それぞれの《メリット・デメリット》を考えてみると、現金化を利用している人や、その利用価値がよく見えてきます。
<審査がない>
<キャッシングとは別>
これらの理由から「キャッシング利用額が限界の人」「多重債務でこれ以上キャッシングができない人」「キャッシングの履歴を残したくない人」たちに需要があります。
そして、
<利息が低い>
<キャッシングより手軽>
このような点から、一般的なちょい需要の場合にも利用しやすく、手軽にお金を用意したい層にも利用者が増えているのがポイントです。

ココがポイント
  • 多重キャッシングで、キャッシングができない人
  • 家族にキャッシングの事実を知られたくない人
  • 利息をできるだけ低く抑えたい人
  • 少しだけお金が必要な人

〜利用者の割り合い《年齢は?男女比は?》〜

年齢

※グラフをマウスオーバーまたはタップで内容が表示されます。

仕事上の付き合いや、家庭を持つことによって発生する家計のやりくりなどが同時に起こる、30〜40代の利用が多いようです。

男女比

※グラフをマウスオーバーまたはタップで内容が表示されます。

女性の社会進出や、養育費などで家計にかかる負担などから、水面下では女性の利用も増えてきている傾向にあります。

職業比

職業の相対的な割り合いに準じて会社員が多くなるのは当然ですが、自営の方、主婦層にも需要がある様子がわかります。

2

クレジットカード現金化の利用価値

クレジットカード現金化の利用価値(需要)について考えてみましょう。
キャッシングより手軽で利息が低い点から一般層に、キャッシング債務がいっぱいで借り入れができない人も利用できる点から、キャッシングを避けたい人や、もうキャッシングができない人に利用価値があります。

利用価値《どんなときに「使える」の?》

一般層(ごく普通の主婦・社会人)

・急ぎで現金が必要なとき
・少しの生活費や交際費が欲しいとき
・キャッシングはできるだけ避けたいとき

キャッシングと違い、ショッピング感覚で利用できるところから、これまでキャッシングを避けてきた一般層(ごく普通の主婦・社会人)にこそ利用しやすく、利用価値があるということができます。

その他の層(キャッシングを日常的に利用している人・会社経営層)

・キャッシング限度枠が限界のとき
・キャッシングを増やさず、現金が欲しいとき
・キャッシングという社会的なリスクは負いたくないとき

キャッシングの常連と言える、日常的にキャッシング経験のある層には、キャッシングの履歴が社会的(対外的)にNGな人、クレジットカード現金化を使うしかもう現金調達の手段が無い人などが含まれ、現実的にとても頼れる有効な手段として利用価値があることがわかります。

3

クレジットカード現金化の利用場面

実際に利用者の皆さんがどのような場面で利用しているのかをピックアップしてみましょう。

利用場面・充当費

生活費などで利用する人が全体の4割を占め、急な出費や給料日までの数日をしのぐために利用する場面が多いようです。

利用者の声

「収入が少なかった月に利用しました」
体調を崩して、バイトを1週間くらい休んでしまったのでその月の収入が大幅減になってしまったとき、利用しました。
こういうとき時給の身分は辛いですよね…。
アルバイトだとキャッシングの利息が高くなりますが、クレジットカード現金化は職種に利息も関係ないし、その月の痛手を、その後数ヶ月に少しずつ負担してやり繰りできるので助かりました。

10代男性・アルバイト

交際費も半分生活費と言うことができると思いますが、急なお誘いや外せない飲みなどで頼る場合があるのかもしれません。

「金欠の時に使えます」
かなり可愛くていい子達が来ると噂の合コンに声をかけてもらって、金欠で参加する金が無かったんですが、前に友人から聞いていたクレジットカード現金化をここで使いました。
支払いのときに自分一人カード出すわけにはいかないし、万札を何枚か持っておきたかったんで、現金が即金で用意してもらえて本当良かったです。
気になった子と今は二人で会う関係になれて、ほんとあの時合コン行って良かったです!!

20代男性・会社員

少数意見として「借金の返済」がありますが、今クレジットカード現金化の需要として注目を集めているのが、借金の返済という使い方です。
というのも、借金・キャッシングというのは基本的に利息が高く、例えば家庭のマイホームのローン、教育ローン、車のローン、大きな買い物のリボ払いなど、キャッシングだけに限らずに、いくつかの支払いをそれぞれ抱えている場合に、一本化するという使い方です。
支払い状況や利息の設定がまちまちで把握しきれていない人には、一本化するだけで<借金の残金><利息による負担>などが明確になり、費用面での負担が結果的に軽くなるという側面があるので、じわじわと需要が増えていると考えられます。

「学費も旅費も1つにまとめて利息も節約しました」
独身のうちに色々とスキルや資格を身に付けたいと思い、着付けと英会話を学ぶ一方で、校正の資格も取るため、学費と趣味費で2社くらいでローンを組んでいました。
気の合う友人との海外旅行にも良く行くため、こちらもカードでキャッシング・・。
借り入れの一本化は少し勇気がいったのですが、問い合わせたところ説明もとても丁寧で、利息も結果少なくなることがわかり、思い切ってクレジットカード現金化に決めました。
ショッピングと同じなので、両親に金銭面を心配されても堂々と「キャッシングはしていない」と言えるようになり、気持ち的にも楽になりました。

30代女性・会社員

日常では、「ちょっとお金が足りない」、「万が一のために現金はある程度持っていたい」、お店により「カード払いNG」などの場面が要所要所で訪れます。
そんなときに、キャッシングとは違う形でお金を工面できるものとして、様々な場面で人それぞれに使い途を見つけることができるのが、クレジットカード現金化であるのではないでしょうか。

★まとめ★

<現金が手軽に用意できる><利息の低さ>に大いにメリットがあり、キャッシング常連者、キャッシングはできれば避けたい人に利用価値があります。
ショッピング感覚で利用ができるところから、ちょっとお金が足りないときに取り入れ易く、日常の様々な場面で利用することができます。

共有する!

この記事を読んでる人はこちらの記事も読んでます

現金化業者簡単検索

あなたにピッタリのクレジット現金化業者を簡単検索!
検索条件








クレジットカード現金化に対する注意喚起

クレジットカード現金化は下記各機関から利用に関する注意喚起を促されています。
利用する際は注意事項を確認するようにしましょう。

消費者庁
日本クレジット協会
国民生活センター
PAGE TOP